パソコンから異音!原因は自動アップデート

最近自宅のパソコンの調子がすごく悪いです。

今使っているのは、パナソニックのレッツノートという機種で、その軽さや堅牢性からビジネスマンに人気のノートパソコンです。

本当に軽くて、女性でも楽に片手で持ち運べるくらい軽いんです。
このコロナ禍でリモートワークが当たり前になってこのノートパソコンですごく助かっていたのに。

そんな愛機ですが、少し前から冷却ファンがすごいうるさくて、特に重たい作業をしているわけでもないのに、突然「ウォーン」って鳴り響くんです。

そしてそれが頻繁に鳴っているので、気になるし、このままパソコンが壊れてしまうんじゃないかと心配になります。

OSはWindows10で、メモリは8GBなので、スペック的にはそんなに優れているわけではないのですが、それでもネットをしているだけでもうるさいので、多分スペックが原因ではないと思っていました。

何が原因なのか分からないまま、検索サイトで原因を調べてみると、同じような症状に悩まれている方が結構いらっしゃるんですね。

ただ単にスペックが不足している方もいれば、冷却ファンやパソコン内部の埃が原因の方もいました。

そんな中、私が注目したのが、Windows10の自動アップデート機能が原因だというものです。

ほとんどの方が経験あると思いますが、パソコンを起動してしばらくするとWindowsのアップデートがインストールされますよね。

これに関するプログラムにメモリが喰われて、パソコンが重たくなるらしいのです。

実際に自動アップデート機能や関連のサービスをオフにしてみてしばらく使用していますが、今までの異音が嘘のように無くなりました。

しかし、アップデートしないのはセキュリティ的に不安なので、たまには手動でアップデートしないといけません。

いずれにしても買替を検討しています。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。