2016年1月アーカイブ

秋川上流の檜原村払沢の滝周辺を歩く初心者向けの地質、地学、歴史などの観察会、おもしろ地球観察会のご案内です。[終了]

【受付締めきりました。2/26】募集人数に達しましたので締め切りました。
アクセスいただきありがとうございました。これからのイベントでお待ちしています。

p20160207hassawafall.jpg

五日市から檜原村への道は、五日市-川上構造線という断層沿いの道です。この断層は金剛の滝付近から始まり、払沢の滝の滝壺を通り、遠く長野県の川上村まで続いているといわれています。ここは日本列島を構成している秩父帯と四万十帯の境界の一部でもあります。
今回は秩父帯のチャート石や四万十帯の泥砂岩互層のきれいな縞模様の岩、海底で起こった地滑りの褶曲など、特徴のある地形を観察します。これは遠く2億年前から日本列島が誕生し始めた1,500万年前、更には日本が海の底から今に至った歴史を訪ねる旅でもあります。
また、檜原村には古代から人の住んだ遺跡があります。御前山の登山道の途中にある中之平遺跡は、8,000年前の竪穴式住居跡といわれています。更にこの村には、戦国から江戸、明治から現代へと続く人々の暮らしの遺産が多数あります。時代を追いながら口留め番所跡、寛永から続く吉野家(明治2年再建)、1373年開山と伝わる臨済宗建長寺派の禅寺「吉祥寺」なども訪ねたいと思います。

期日   平成28年3月6日(日)
集合   JR五日市線 武蔵五日市駅前 午前8時30分 *9時発のバスを利用
      雨天決行 (状況によりコース変更)
コース  武蔵五日市駅〜(バス)〜本宿役場前〜払沢の滝〜(バス)〜武蔵五日市駅
解散   武蔵五日市駅 午後15時30分頃
持ち物  雨具、軽防寒具、昼食、行動食、飲料水、軍手などハイキングスタイルで、
      軽登山靴かトレッキングシューズを推奨
参加費  500円(保険料、資料代)
      現地で、バス乗車料金420円×2がこの他に必要です。
募集定員 30名 (先着順、定員になり次第締め切ります。)

p201402chikyuQRcode.gif 参加申し込みと問い合わせ
     申込期間  2月1日(月)〜3月3日(木)
    1.都岳連事務局へ右のQRコードやメールでご連絡下さい。
      氏名、ふりがな、年齢、携帯・電話番号、住所
      Email:
      Tel:03-3526-2550(月から金曜日の13時から17時)
      Fax:03-3526-2551
    2.受付の連絡が事務局からありますので、ご確認下さい。
    3.参加費をどちらかの方法でお振込みください。
       ※料金は各銀行でATMなどの利用条件でご確認下さい。
     (1)銀行振り込みで入金する場合
      ゆうちょ銀行 店名:〇一九店(ゼロイチキュウ店)
      口座番号 0317605 貯金種目 当座
      名義 シャトウキョウトサンガクレンメイ
      振り込み人名の前に、シゼンホゴを付けて下さい。
      例:シゼンホゴ ヤマダタロウ
     (2)郵便振替払込書で入金する場合
      郵便振り替口座番号 00130-9-317605
      振込先名称    (社)東京都山岳連盟
      払込書の通信欄に「おもしろ地球観察会参加費」と書いて下さい。

ご参考<西東京バス>
武蔵五日市駅のバス乗り場:1番、出発:9時00分、行き先:数馬、下車:本宿役場前、乗車時間約20分、料金:420円

主催   公社)東京都山岳連盟 自然保護委員会
     自然保護 まずはあなたの 一歩から!